デリバリー【配達】

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館の掛け持ちはOK!メリット/デメリット,必要な準備も

この記事でわかること

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館を掛け持ちするメリット・デメリット
  • Uber Eatsと出前館を掛け持ちするための準備
  • Uber Eatsと出前館を掛け持ちする際の注意点
  • フードデリバリーをするなら、以下のサービスがおすすめ

【1配達の平均が750円以上】出前館
(業界トップクラスの高報酬)

【期間内に条件達成で1万円もらえる】Wolt
(登録コード:WOLT2024)

【週単位で報酬が受け取れる】Uber Eats
(47都道府県で応募中)

\ 高報酬だから効率良く稼げる「出前館」 /

出前館 配達パートナー募集

\ 業界トップクラスの高報酬 /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

はじめに

Uber Eatsと出前館の掛け持ちにはメリットはもちろん、守らなければならない注意事項もあります。

情報をきちんと知っておくことで、始める前の不安は少なくなるでしょう。

そこで本記事では、Uber Eatsと出前館を掛け持ちするメリット・デメリット、Uber Eatsと出前館を掛け持ちするための準備などについて解説します。

ちなみに、「配達報酬が低い会社で損をしたくない」「1配達当たりの収入を上げたい」という方は、1配達平均750円以上稼げる「出前館」などの会社を使ってみてください。

カイト

「1配達当たりの稼ぎが低い会社を選んで損したくない」という方には「出前館」で配達員登録して、同じ配達時間でも稼ぐ金額を多くするのがおすすめです。

ちなみに「出前館」以外にも、今なら1配達達成で1万円がもらえるWolt」、47都道府県で配達員を募集しているUber Eats」もおすすめですよ。

フードデリバリーおすすめ配達会社

\ 業界トップクラスの高報酬 /

出前館 配達パートナー募集

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達を開始できます

「短時間でもしっかり稼ぎたい」「今よりも配達の単価を上げたい!」なら、1配達平均750円以上最短1日で配達を開始できる出前館」がおすすめです。

出前館は、業界トップクラスの高報酬なので、スキマ時間でもしっかりと稼ぐことができます

「インセンティブのブーストや働くうちに拠点とのコミュニケーションが取れるようになり、今では月間100万円を稼いでいます。」という配達員への取材記事があるように、出前館は高報酬で稼ぎやすいです。

月間70万円を稼ぐ方も続々増えているので、ぜひ出前館で配達員をしてみてくださいね。

\ 1配達平均750円以上稼げる! /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

 

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館は掛け持ちできる

結論から言えば、Uber Eatsと出前館は掛け持ちできます。

ただし、いくつかルールを守らなければ、どちらの仕事も失ってしまうことになりかねません。

同時オンラインはOK/同時配達は禁止

まず注意すべきルールは、同時オンラインはOKだが、同時配達は禁止という点です。

Uber Eatsと出前館のアプリを同時に開いていることも、それぞれの注文に対応することも、現時点で制限はありません。

しかし、例えばUber Eatsの配達をしているときに出前館の商品をピックして配達するのは禁止されています。

基本的に、先に依頼があった方にまず対応して、終わってからまたどちらかの依頼に応えるようにしましょう。

稼ぎたいなら掛け持ちはほぼ必須

Uber Eatsや出前館などフードデリバリーで生計を立てるのであれば、掛け持ちはほぼ必須です。

現在2つ以上のフードデリバリーを兼業している人は、全体の6割を超えるとも言われています。

どの会社も今のところ兼業を禁止してはいないため、掛け持ちをした方が効率的に稼げるようです。

「短時間でもしっかり稼ぎたい」「今よりも配達の単価を上げたい!」なら、1配達平均750円以上最短1日で配達を開始できる出前館」がおすすめです。

出前館は、業界トップクラスの高報酬なので、スキマ時間でもしっかりと稼ぐことができます

「インセンティブのブーストや働くうちに拠点とのコミュニケーションが取れるようになり、今では月間100万円を稼いでいます。」という配達員への取材記事があるように、出前館は高報酬で稼ぎやすいです。

月間70万円を稼ぐ方も続々増えているので、ぜひ出前館で配達員をしてみてくださいね。

\ 1配達平均750円以上稼げる! /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするメリット

続いては、Uber Eatsと出前館を掛け持ちするメリットを解説していきます。

メリット①:待機時間を減らせる

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするメリットの1つ目は、待機時間を減らせることです。

Uber Eatsだけ、出前館だけという形で仕事を待っていると、待機時間に全く依頼がないということもあり得ます。

2つを掛け持ちしておけば、配達依頼が入る可能性が単純に2倍になるので、一日収入がなかったというリスクを抑えられるのです。

メリット②:収入アップが期待できる

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするメリットの2つ目は、収入アップが期待できることです。

Uber Eatsと出前館を掛け持ちすることで、同じ待機時間で、効率よく仕事ができるようになります。

そのため、1つの会社の依頼のみを受けるよりも収入アップが見込めるでしょう。

メリット③:さまざまなリスクを分散できる

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするメリットの3つ目は、さまざまなリスクを分散できる点です。

フードデリバリーの主なリスクには、次のようなものがあります。

  • デリバリーサービスが終了する
  • 料金システムが変わる
  • 自身のアカウントが停止される

まず、デリバリーサービス自体が終了してしまうと、急に収入源を無くしてしまうことになります。

移り変わりが激しい現代で、乱立するデリバリーサービス会社が撤退しないという補償はありません。

また、会社の経営の見直しにより、料金システムの改変は常に検討事項です。

システム改定では、配達する側にとって不利益な変更が含まれていることもあります。

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするデメリット

では逆に、Uber Eatsと出前館を掛け持ちするデメリットについてお伝えします。

デメリット①:Uber Eats のクエストを達成しづらくなる

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするデメリットの1つ目は、Uber Eatsのクエストを達成しづらくなることです。

クエストとは提示された回数を上回って配達をした場合、その分が報酬となって返ってくるというUber Eats独自の報酬システムです。

Uber Eatsと出前館の両方の依頼を受けていると、Uber Eatsの依頼を逃してしまうことがあり、このクエストが達成しづらくなるということが起きます。

デメリット②:長期的に配達リクエストが入りづらくなる可能性がある

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするデメリットの2つ目は、長期的に配達リクエストが入りづらくなる可能性があることです。

出前館の依頼を受けているときはUber Eatsの配達依頼を断る必要があるため、それぞれの仕事の応答率が下がり、依頼が入らないことが増える可能性が考えられます。

対策としては、忙しい時間帯はどちらかに絞って配達をするなどが必要です。

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするための準備

続いては、Uber Eatsと出前館を掛け持ちするための準備を3つ解説します。

準備①:スマホを2台用意する

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするための準備の1つ目は、スマホを2台用意することです。

1つのスマホにUber Eatsと出前館の2つのアプリを入れることができるため、必ずしも2台必要ということではありません。

用途としては、1台にアプリを入れて、もう1台をナビやゲームなどプライベートの暇つぶしに使うなどがおすすめです。

もしくは、1台に2つアプリを入れてしまうとどちらの依頼に応答しているのか混乱する人などは、2台持ちの方が安全でしょう。

準備②:モバイルバッテリーを用意する

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするための準備の2つ目は、モバイルバッテリーを用意することです。

フードデリバリーのアプリは常にGPS機能が作動しているため、バッテリーの消耗が激しくなります。

そして、2つのアプリを同時に開いていると、通常よりもバッテリーの消費が激しくなります。

そのため、モバイルバッテリーをあらかじめ用意しておくことが一番安心です。

準備③:配達バッグのロゴを隠す

Uber Eatsと出前館を掛け持ちするための準備の3つ目は、配達バッグのロゴを隠すことです。

Uber Eatsの配達をしているのに、出前館のロゴの入ったバッグを持っていることがお客様の目に留まれば、不審に思って会社へクレームが入るかもしれません。

そうなると、禁止事項に触れたとみなされてアカウントが停止され、仕事自体が受けられなくなります。

2つを掛け持つ際には、配達バッグのロゴを隠すことを徹底するか、ロゴが入っていない配達バッグを用意することを徹底しましょう。

Uber Eatsと出前館を掛け持ちする際の注意点

最後に、Uber Eatsと出前館を掛け持ちする際の注意点をお伝えします。

注意点①:ずっと同時オンラインにはしないようにする

Uber Eatsと出前館を掛け持ちする際の注意点の1つ目は、ずっと同時オンラインにはしないようにすることです。

これは、掛け持ちをするにあたって最も知っておく必要のある注意点でもあります。

理由は、以下の2点です。

  • 2社の配達依頼を同時に受けないよう、ケアレスミスを防ぐ
  • 応答率の低下を防ぐ

まず、最初にお伝えした通り、Uber Eatsの配達中に出前館の依頼を受けること(逆も然り)は禁止されています。

Uber Eatsは、依頼を受けた後でも自身の判断でキャンセルすることができますが、出前館はそれができません。

そのため、不注意で両方の配達依頼に応答してしまうということが発生する可能性があります。

まずはこの基本的な禁止事項に触れないために、どちらかの配達依頼を受けたらすぐにもう一方はオフにする癖をつけましょう。

もう1つ、依頼の応答率の低下を防ぐことも、掛け持ちをして稼ぐために重要なことです。

Uber Eatsは、依頼に対してどれだけ受けてくれたかをチェックして、応答率の良い配達員に仕事が入るようなシステムになっています。

出前館を配達している際にUber Eatsをオンラインにしていると、依頼を何度もスルーすることになるかもしれません。

オフラインにしておくことで、依頼の応答率が下がって仕事がもらえないということを防ぐことができます。

注意点②:配達時にサービス名を間違えないようにする

Uber Eatsと出前館を掛け持ちする際の注意点の2つ目は、配達時にサービス名を間違えないようにすることです。

Uber Eatsと出前館を掛け持ちしていると、どちらの商品を配達しているのかわからなくなってしまうときもあります。

しかし、商品を受け取る店舗のスタッフや配達するお客様は、当然ながら掛け持ちをしているとは思っていません。

そのため、自分が頼んだ覚えのない他社のサービス名を言われた場合、不信感となり、会社に通報されることもあり得ます。

自己防衛としても、今どちらの依頼を受けているのか、常に意識しながら仕事をしましょう。

注意点③:出前館の服装規定を遵守する

Uber Eatsと出前館を掛け持ちする際の注意点の3つ目は、出前館の服装規定を遵守することです。

Uber Eatsは特に規定はありませんが、出前館は業務委託であっても、受け渡し時に出前館の帽子をかぶることが必須となっています。

アルバイトの場合には、出前館の制服と帽子が採用時に渡され、必ず着用しなければなりません。

「短時間でもしっかり稼ぎたい」「今よりも配達の単価を上げたい!」なら、1配達平均750円以上最短1日で配達を開始できる出前館」がおすすめです。

出前館は、業界トップクラスの高報酬なので、スキマ時間でもしっかりと稼ぐことができます

「インセンティブのブーストや働くうちに拠点とのコミュニケーションが取れるようになり、今では月間100万円を稼いでいます。」という配達員への取材記事があるように、出前館は高報酬で稼ぎやすいです。

月間70万円を稼ぐ方も続々増えているので、ぜひ出前館で配達員をしてみてくださいね。

\ 1配達平均750円以上稼げる! /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

まとめ:Uber Eatsと出前館を掛け持ちして稼ぎを増やそう

今回は、Uber Eatsと出前館の掛け持ちはできるのか、そのメリットや注意点について解説しました。

せっかくフードデリバリーの仕事を始めるならば、Uber Eatsと出前館を掛け持ちして稼ぎを増やしてはいかがでしょうか。

-デリバリー【配達】

Copyright© カイトのデリバリーブログ|オトクなおこづかい稼ぎ情報を発信 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.