Wolt 初回注文(Web用)

暗号資産・仮想通貨

【日本国産ステーブルコインがついにスタート!】みんなの銀行とUI銀行で仮想通貨を発行・決済可能に!?

スポンサーリンク

 

カイト
大ニュースが入ってきました!日本金融庁認可のもとで、国産暗号資産(仮想通貨)の「ステーブルコイン」が発行されるというのです!
何が凄いのか分からないから詳しく説明しろや!
わかった犬

この記事でわかること

  • 仮想通貨のステーブルコインってなに?
  • 日本で国産ステーブルコインが発行されるとどうなるの?
  • 私たちが準備しておくべきことは?

 

 

暗号資産(仮想通貨)のステーブルコインってなに?

ステーブルコイン(Stable Coin:安定した通貨)とは、米ドルなどの法定通貨に紐付けられ、常に紐づけられた(ペグされた)法定通貨と同じ価値を持つ暗号資産(仮想通貨)です。

たとえばビットコインやイーサリアムなどの暗号資産は需給バランスによって価格が大きく変動しますが、USDTやUSDCといった米ドルにペグされた暗号資産は常に米ドルと同じ価値を持つので、不安定な暗号資産業界の中での基軸通貨のような役割を果たしています。

 

5月31日の日経新聞の記事によると、2023年6月1日の改正資金法の施行によって暗号資産のステーブルコインが電子決済手段として定義され、米ドルや円などの法定通貨に紐付けたステーブルコインの発行が国内で可能になります。

今まで日本国内ではステーブルコインの発行はおろか、国内の暗号資産取引所では取り扱いすらしていませんでしたからこれはビッグニュースです。

 

2023年3月から実証実験を行なっていた

PR TIMESより

日本企業のG.U.Technologies株式会社は、国内三つの金融機関みんなの銀行」「UI銀行」「四国銀行」と連携してイーサリアム完全互換のブロックチェーン「Japan Open Chain」を構築。

日本法に準拠したステーブルコインの発行に向けて準備を進めており、6月の法改正後に本格始動。

なんと2023年中に実際の発行を行う予定です。

 

ブロックチェーンってなに?

ブロックチェーンとは、暗号資産(仮想通貨)の送金などのやりとりを管理するシステムのこと。

暗号資産のやり取りには国や銀行の金融システムが介在しないため、セキュリティ性が高く確実な運用が可能なブロックチェーンが求められます。

 

わかった犬
へーそうなんだ?でも僕は仮想通貨は持ってないから関係ないわん!
いや!国内ステーブルコインの発行は、今まで暗号資産に全く関わっていなかった人たちも巻き込んだ大きな動きとなる可能性が高いのです!
カイト
ぎもん犬
え!?なんで??

 

 

日本で国産ステーブルコインが発行されるとどうなるの?

たとえばこんな風に使われる

  1. 企業間での決済手段として使われる(特に海外企業と国内企業との間の決済)
  2. 企業・個人間の決済手段として使われる
  3. 個人間の送金手段として使われる
  4. 地域通貨として使われる

国産ステーブルコインが発行されて流通が広がると、ありとあらゆるお金のやり取りが暗号資産のステーブルコインで行われる可能性があります。

暗号資産であるステーブルコインは銀行間の送金システムである全国銀行データ通信システムを経由しないで送金できるため、手数料を抑えて利用することができるのです。

国内企業と海外企業との間の取引決済は現在は煩雑な手続きを踏んで時間と手数料が多くかかりますが、ステーブルコインを利用することで簡便化することができメリットが大きいです。

 

まずは企業間決済にて多く利用されそうな国産ステーブルコインですが、私たち個人のお金のあり方も変えていく可能性があります。

クレジットカード決済や銀行振込、電子マネー、QRコード決済など今私たちが使っているお金の移動方法に「暗号資産での決済・送金」が追加されるということ。

例えばPayPayは日本国内でしか使えませんが、暗号資産のステーブルコインを使った決済なら全世界どこでも手数料が変わらず利用できます。

今後ますます広がっていくグローバル化の波の中で、特に海外決済で利点の多い暗号資産決済は急拡大するかもしれません。

今や使用が常識となり日本人の決済方法を大きく変えたPayPayも、2018年に始まったばかりの新しいサービスですよね。

たった数年でお金の支払い方法が大きく変わる可能性は十分あります。

ぎもん犬
PayPayやQUICPay、iDなどに取って代わる可能性があるってことか!?
そうです!だからもう「暗号資産は怪しいからやめとこう」では通用しない時代が近いうちに来るかもしれません!
カイト

 

国産ステーブルコインは誰が発行するの?

ぎもん犬
ブロックチェーンの運営には電通も参画してるのか!

発行者は3種類

  1. 銀行
  2. 信託会社
  3. 資金移動業者

今回の法改正で、ステーブルコインの発行者は「銀行」「信託会社」「資金移動業者」の3主体に限定するとのこと。

なんとビットフライヤーやコインチェックなどの国内暗号資産取引所は含まれていないようです。

まずは実証実験を行なっていた「みんなの銀行」「東京きらぼしFG(UI銀行)」「四国銀行」がコインの発行を始めると思われますが、その他の企業も次々に参入してくるでしょう。

参入企業は「預金残高の獲得」「手数料の収益」「外貨建てステーブルコイン発行による外貨獲得」など多くのメリットがあるためです。

 

資金移動業者ってなに?

資金移動業者とは、簡単にいうとお金をやり取りを扱う銀行以外の企業のこと。

現在83社が登録されており、大手ではドコモ・ソフトバンク・楽天・SBI証券・GMO・PayPay・JCB・PayPal・メルペイなどがあります。

これらの企業がステーブルコイン発行に参戦してくる可能性があるということです。

資金移動業者一覧表はこちらです。

 

国産ステーブルコインはどの法定通貨に紐づけられるの?

様々な法定通貨に紐づいたステーブルコインが複数発行されると思われますが、主に米ドル・日本円・ユーロの三つでしょう。

日本国内メインで流通させたいコインであれば日本円と同じ価値を持つステーブルコインが受け入れられやすいでしょうし、海外とのやり取りの際は米ドルやユーロに紐づけたステーブルコインが重宝されるでしょう。

 

 

私たちが準備しておくべきことは?

年内に国産ステーブルコインが発行されても認知されて広まるまではある程度時間がかかるでしょうし、どういった形で手に入れてどういった形で保有・決済するのかまだ全くわかっていません。

みんなの銀行がコインを発行したとして、みんなの銀行アプリ内で日本円と両替できたり決済に使えたりするのか、はたまた国産ステーブルコイン決済用のサービスが新たに誕生するのか、全く分からないのです。

よって今すぐ起こせる具体的な準備はそれほどできることが多くありませんが、みんなの銀行などの最新デジタルバンクや暗号資産システムに触れておくのは有効と言えそうです。

本格的にサービスが始まったときにすぐ利用できる人が利益を享受できるのは見えていますからね。

わかった犬
PayPayも始まった当初はポイント配りまくってたわん!

今から準備しておいた方がいいこと

  1. みんなの銀行・UI銀行などの最新デジタルバンクの口座を開設しておく
  2. 無料で暗号資産に触れておく

 

 

最新デジタルバンクの口座開設をしておく

ステーブルコインの発行が始まったときにすぐ動いて先行者利益を得られるように、口座開設をしておきましょう。

今ならどちらの銀行も口座開設だけで現金がもらえてお得です!

みんなの銀行で1000円もらえる!

10分の口座開設「だけ」で現金1000円ゲット!

  1. 【みんなの銀行】オンラインで10分で口座開設
  2. 口座開設「だけ」で現金1000円プレゼント!
  3. 紹介コード: edeLIsiq (エルの後は大文字のアイ)

みんなの銀行

みんなの銀行

Minna Bank, Ltd.無料posted withアプリーチ

登録方法詳細記事はこちら!

 

UI銀行で500円もらえる!

UI銀行で500円もらえる!

紹介コード redsea

カイト
長押しタップでコピペしてね!

口座開設時、パスワード設定画面の「紹介ID/キャンペーンコード」欄に当ブログの紹介コードを入力すると

口座開設だけで現金500円がUI銀行よりプレゼントされます!

ここからUI銀行アプリをダウンロード!

UI銀行 (東京きらぼしフィナンシャルグループ)

UI銀行 (東京きらぼしフィナンシャルグループ)

Kiraboshi無料posted withアプリーチ

【UI銀行の紹介コード・紹介IDはここ!】現金がもらえる友達紹介キャンペーンコード!

続きを見る

 

 

暗号資産を無料で保有して触れておく

日本国内で国をあげて暗号資産が使われるようになれば、ビットコインを含めた暗号資産業界全体が盛り上がって通貨価値が上昇する可能性が高いです。

ちょうど2024年はビットコインの半減期というイベントを控えており、2023年は暗号資産を始めるのにとてもいいタイミングです。

口座開設だけで無料で日本円やビットコインがもらえる取引所を紹介しますので、気になったらまずは暗号資産に触れてみましょう!

カイト
暗号資産は怖い〜!という人はこの記事を読んでね!リスクについても説明しています!
【ビットコインが怖い初心者向け】ノーリスクでBitcoin投資を始める方法を解説!

続きを見る

 

わかった犬
口座開設だけでタダでビットコインがもらえるサービス・方法をまとめたわん!!

ビットフライヤー(bitFlyer)

今だけ!紹介コードでビットコイン1,500円分プレゼント!

わかった犬
国内最大手のビットフライヤーが友人紹介キャンペーン中!10分で終わる無料口座開設だけで1,500円分のビットコインプレゼント!

【招待コード】

hyvmbxam

ここから10分で1,500円ゲット!

bitFlyerに無料登録する

カイト
招待コードを入力して登録すると1,500円もらえます!詳しいやり方は下の記事を読んでね!
【2月最新!今だけ1,500円 ビットフライヤーの招待コードはここ!】bitFlyerの口座開設友達紹介キャンペーン!

続きを見る

 

ビットポイント(BITPOINT)

※2024年1月31日 ~ 2月29日キャンペーン中!

現在は最大2,500円もらえるキャンペーンをやっています!
カイト

ビットポイント口座開設キャンペーン

  • 期間 2024年2月29日まで
  • 特典① 期間中に口座開設した全員に1,000円分のビットコイン(仮想通貨)をプレゼント!(付与は3月中旬)
  • 特典② 紹介コード「AGJTYRYHOH」を開設時に入力すると追加で500円プレゼント!
  • 条件 BITPOINTアプリで1回以上取引すると1,000円プレゼント(合計2,500円!)
わかった犬
もらった仮想通貨は売って日本円にすると、いい取引の練習になるわん!

ここから10分で登録!

BITPOINT口座を無料開設!

【12/15更新!】BITPOINT(ビットポイント)の紹介コードはここ!招待キャンペーンと口座開設方法を解説!

続きを見る

 

 

国産ステーブルコイン まとめ

日本国内で暗号資産・仮想通貨がぐっと身近になるかもしれない、国産ステーブルコインについてまとめました。

世の中はすさまじいスピードで変化していっています。

常に新しい情報を吸収しながら、振り落とされないようにしたいですね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

わかった犬
またね〜

 

👇タップで応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 出前・宅配へ にほんブログ村

WoltとOniGOが超おすすめ!

カイト
まだWolt(ウォルト)を利用したことのない方は、 限定紹介コード<WAFI40>を入力すると4,000円分のクーポンがもらえますのでぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてください!

注文可能な都道府県

北海道、青森、秋田・岩手・宮城、山形・福島・新潟・埼玉・東京・神奈川・静岡・大阪・岡山・広島・香川・愛媛・徳島・福岡・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

ここからWoltアプリをダウンロード!

Wolt ウォルト:フードデリバリー/出前

Wolt無料posted withアプリーチ

PCから見ている人はこちら
カイト

カイト
まだmenuデリバリーを利用したことのない方は、 限定コード<TKDW8766>を入力すると合計2,000円分のクーポンがもらえますのでぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてください!

注文可能な都道府県

北海道、宮城、新潟、富山、石川、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、長野、岐阜、愛知、滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、香川、高知、福岡、大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄

ここからmenuアプリをダウンロード!

menu メニュー:フードデリバリー

menu メニュー:フードデリバリー

menu, Inc.無料posted withアプリーチ


わかった犬
まだオニゴーを利用したことのない方は、 当ブログ限定コードA8G23>を入力すると初回送料無料!さらに初回注文が40%割引!ぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてくださいわん!タイムセールが超お得!アプリで確認しよう!

注文可能な都道府県

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県



ここからオニゴーをダウンロード!

宅配ネットスーパーOniGO / フードデリバリー

宅配ネットスーパーOniGO / フードデリバリー

Onigo株式会社無料posted withアプリーチ

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

-暗号資産・仮想通貨

Copyright© Kight's blog , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.