Wolt 初回注文(Web用)

暗号資産・仮想通貨

【2023年の今はビットコインの買い時?】2024年までほったらかしがおすすめの理由

 

ぎもん犬
ビットコインって今が買い時なの!?
今買ってほったらかしをおすすめする理由についてまとめます!
カイト

この記事でわかること

  • ビットコインは今が買い時なのか?
  • ビットコイン価格が今後上がる理由
  • ビットコイン価格下落のリスクとは?
  • ほったらかしでリスクを減らして投資する方法は?

今だけ!紹介コードでビットコイン1,500円分プレゼント!

わかった犬
国内最大手のビットフライヤーが友人紹介キャンペーン中!10分で終わる無料口座開設だけで1,500円分のビットコインプレゼント!

【招待コード】

hyvmbxam

ここから10分で1,500円ゲット!

bitFlyerに無料登録する

カイト
招待コードを入力して登録すると1,500円もらえます!詳しいやり方は下の記事を読んでね!
【2月最新!今だけ1,500円 ビットフライヤーの招待コードはここ!】bitFlyerの口座開設友達紹介キャンペーン!

続きを見る

注意ポイント

投資の世界はDYOR(Do Your Own Reserch)。全て自己責任です。

当記事の内容は一つの参考意見として受け止めていただけると幸いです。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)は今が買い時なのか?

リベ大の両学長は「価格が上がっているバブル時期に仮想通貨に参入する人はカモネギだ」と伝えています。参入するのであればバブル期の前、価格が下落している時が長期保有により利益が得やすいでしょう。


ぎもん犬
ビットコインって今暴落してるんだよね?危ないから買わないほうがいいよね?

結論から言うと、「あなたがビットコインを買おうとしているのなら2023年の今は買い時である」と言えます。

ただ、現状や世界情勢・過去に起こってきた出来事などをしっかり把握してから参入するべきです。

また、好きな時に好きなだけビットコインを売り買いしても損をする可能性が高いです。リスクを低くするやり方もあります。

仮想通貨(暗号資産)に限らず、投資の世界は情報弱者が情報強者に食い物にされてしまう世界。

注意ポイント

  • 今、仮想通貨(暗号資産)を取り巻く状況はどうなっているのか?
  • ビットコイン価格が上がる要因・下がる要因にはどんなものがあるのか?
  • どんなリスクがあって、どうすればリスクを減らせるのか?

できる限りわかりやすく解説しますので、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

ビットコインは今いくら?


ビットコインは、2023年7月時点では1BTC(ビットコイン)=400万円前後で推移しています。

ビットコインは2021年11月に最高値の760万円をつけてから、約1年半かけてどんどん価格が下がり、2022年12月には220万円の直近最安値をつけました。

ぎもん犬
え!たった一年で75%も下落したの?ビットコインやばくない?

しかしその後2023年に入ってから約2週間で220万円から300万円まで上昇し、直近半年間で主に推移していたラインまで価格が戻りました。

ぎもん犬
え!たった2週間で40%も上昇したの?それはそれでやばくない?

 

2021年〜2022年の下落は新型コロナウイルスによる世界的な不況や、テラショック・セルシウスショック・FTXショックと暗号資産システムの脆弱性が垣間見える出来事が相次いで発生したことから、世界中の投資家がビットコイン投資から手を引いたことが主な要因です。

この後ビットコイン価格が上がるか下がるかは世界中の誰にもわかりません。

しかしまず把握しておくべきは2022年終了時点でビットコインが下落トレンド中であり、価格は安値圏であるということ。

今後の価格の上げ下げは誰にもわかりませんが、長期的に見ると今後ビットコインは値上がりしていくと考えています。

長期的に価格が上がっていくのであれば、安値圏である今のうちにビットコインを買ってほったらかしておけば稼げる可能性が高まります。

価格がうなぎのぼりに上がっているところで参入しても高値で掴まされて大損するのが見えていますから、安値圏である今はビットコインの買い時と言えるでしょう。

 

ぎもん犬
でも、なんで長期的に上がるってわかるの?
今からその理由を説明していきます!
カイト
わかった犬
もったいぶらずにさっさと言えや!

 

 

ビットコイン(Bitcoin)価格が今後ほったらかしで上がる理由

ビットコインが上がる要因

  1. 2024年にビットコイン半減期を迎える
  2. メタバース市場の拡大
  3. ビットコインETFの拡大
  4. 機関投資家やアナリストの多くが価格が上がると予想している

2024年にビットコインは半減期を迎える

ビットコインの半減期とは約4年おきに起こるイベントで、簡単にいうと新規ビットコインの発行量が半減する時期です。

現在のところ次のビットコイン半減期は2024年の5月付近になるので、その前後は大きく価格が変動します。

 

過去チャートの半減期時期を分析

マークが半減期。半減期後に価格が毎回乱高下しているのが分かります。

過去の3回の半減期

  1. 1回目:2012年11月
  2. 2回目:2016年7月
  3. 3回目:2020年5月
  4. (4回目:2024年5月頃)

結論から言うと、半減期の翌年は価格が上昇し、半減期の翌々年は価格が下落する可能性が非常に高いです。

ぎもん犬
なんでそんなことが言えるの?
事実として起きることと、それに伴う市場心理をまとめます!
カイト

 

半減期の翌年に起こりやすい変化

  1. 新規発行通貨量が減る
  2. マイナーが撤退する
  3. 発行通貨量が減る前に購入しようと考える人が増える

半減期になるとマイニング報酬として付与される(新規に発行される)ビットコインの量が減るため、市場に流通するビットコインの増加ペースが鈍ります。

またマイニングには莫大なリソースを必要とするため、半減期後に採算に合わないと考えて撤退するマイナーが増えるとさらに新規発行されるビットコインが減ることとなります。

供給量が減ったのに対して需要量が変わらない場合、ビットコインの価格は上がります。

さらにこれに加えて「過去2回の半減期後もビットコイン価格は上昇したのだから今回も上がるだろう」と考える投資家が増えて需要が高まり、さらに価格が上がる可能性が高いのです。

 

半減期の翌々年に起こりやすい変化

  1. 価格が上がりきったところでマイナーがビットコインを売る
  2. 半減期直後にビットコインを購入した投資家がビットコインを売る

いくらビットコインの価格が上がったとしても無限に上がり続けるわけはありません。そんなことは全ての投資家がわかっています。

価値が上がり続けるビットコインをいつ売却しようか、それはビットコインを所持している人全ての悩みです。

もちろん投資家の中には数十年スパンでビットコインをホールドし続ける人もいますが、特に半減期で撤退したマイナーは価格が上がりきったところで報酬として保持している大量のビットコインを売り抜けて利益を確定させようとします。

一旦このような大型投資家がビットコインを売却してチャートが上昇トレンドから下落トレンドに変わると他の投資家も釣られて売却に走るため、結果として大きな下落につながることとなります。

これが直近2回の半減期付近でのビットコイン価格の乱高下の原因のひとつと言えるでしょう。

【ビットコインの半減期とは?】Bitcoin 次の半減期は2024年!今後価格は上がる?下がる?

続きを見る

 

メタバース市場の拡大

メタバースとは3Dの仮想現実空間のこと。

近い将来、現実世界とは別に世界共通のメタバース(仮想現実空間)が築かれて、世界中の人が現実世界とメタバースを行き来しながら生活・買い物・スポーツ・ゲーム・仕事などを行うと言われています。

なんかまだ現実味がなくて信じられない話ですが、スマホの次に世界を変えるのはメタバースとも言われています。

現在世界中でこのメタバースの開発が進められています。

2022年7月に発表された「ドバイ・メタバース戦略」は、2030年までに1000社以上のブロックチェーンおよびメタバース企業の誘致と、4万以上のバーチャル・ジョブのサポートを目指すもの。

「ドバイ経済をさらに活性化させ、ブロックチェーン企業の数を現在の5倍にするというUAE政府のビジョンをサポートする」ドバイが国を上げてメタバース開発に取り組むと発表したのです。

このメタバースに取り入れられるのがNFTなどのブロックチェーン技術。世界共通のメタバースなので、政府などが管理する中央集権管理でなく分散管理が求められるのですね。

ブロックチェーン技術が使われるのであれば共通通貨もビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)になる可能性が高いです。

よってメタバースが普及していくとビットコインの需要は高まり価格は上昇すると考えられます。

 

ビットコインETFの拡大

ETFとは上場投資信託(証券取引所で扱われる投資信託)のことです。

ビットコインETFとは、ビットコインの価格に連動したETF。

2021年にアメリカで初めてビットコイン先物ETFが取引を開始すると、ビットコインの価格も大きく上昇しました。

仮想通貨(暗号資産)は仮想通貨取引所で取引されるものですが、ETFは証券会社で取引される商品。

つまり「仮想通貨取引所は使っておらず、証券会社経由で投資をしていた人たち」がビットコインに投資するようになるので、今までよりもビットコインに注目する人が増えて需要が上がるためビットコインの価格上昇につながるのです。

まだまだビットコインETFの種類は数少なく日本で扱っている証券会社もありませんが、今後セキュリティ面が確立され法整備が追いつけばビットコインETFの取引を承認する国が増えていくでしょう。

 

機関投資家やアナリストの多くが今後の価格は上がると予想している

このようにビットコインが世界中のあらゆるところで使われていくようになれば必然的に需要は増え、長期的に見れば価格上昇していくと多くのアナリストや投資家がコメントしています。

カイト
多くの投資家やアナリストが2030年までに1BTC=10万ドル前後(約1300万円)まで上がるだろうと予想しています!

Forbes Japanに書かれていたJPモルガンのコメントを見てみましょう。

長期的スパンではビットコインの価格は15万ドルに上昇すると予測している。これは、ビットコインの時価総額が2.8兆ドル(約320兆円)に達し、個人が投資目的で保有しているすべての金の価値と並ぶことを意味する。

一方で、FxProのアナリストのアレックス・クプツィケヴィッチは、Eメールによるコメントで「商品や株式、債券のような基本的な価値がないため、ビットコインの価格は投資家の関心に左右され、純粋に投機的な資産となっている」と述べている。

簡単に言えば、ビットコインの価格はボラティリティというよりも、群衆の関心の高さによって変化する。ただし、ビットコインが有利なのは、供給量の増加率が低く、有限であることだ」と、彼は付け加えた。

 

 

ビットコイン(Bitcoin)価格下落のリスクとは?

価格下落のリスクもある

  1. 世界経済状況や米国株式市場の影響を大きく受ける
  2. ハッキングや取引所倒産などのネガティブニュースに大きく影響される
  3. 国によって法規制・取引規制が入る可能性がある

もちろん買ってほったらかしておけば必ず稼げるわけではありません。

リスクもたくさんありますから、しっかり把握しておきましょう。

ビットコインを含む仮想通貨(暗号資産)市場はまだ発達途上の段階であり、全く安定していません。

市場規模が小さいため、法定通貨に比べて少しの材料で大きな値動きにつながりやすいのです。

少しずつ投資対象として認められつつあるものの、株や債権・不動産などの他の投資対象に比べて値動きが激しくハイリスクハイリターンなため、多くの投資家たちは不安材料が見つかるとまずは仮想通貨投資から撤退を始めるのです。

よって世界の経済状況や米国株式市場の動向などの影響を非常に受けやすいです。

 

また、ハッキングによる資産流出リスクもあります。過去には国内外の多くの取引所でハッキング被害が発生しました。

日本でのコインチェック事件の記憶もまだ新しいですよね。

(日本金融庁の認可を受けた国内取引所であれば、取引所起因の資産被害が発生したとき基本的にはあなたの資産は保護されます)

 

2022年には法定通貨のアメリカドルと常に同じ価値をもつ「ステーブルコイン(安全な暗号資産)」であったテラUSD(UST)がシステム攻撃により価格が大暴落した「テラショック」、取引量世界第2位を誇る取引所「FTX」が突然破産を発表し取引を中止する「FTXショック」が立て続けに発生し、仮想通貨への信頼感が大きく損なわれて業界全体が冷え込み、ビットコインの価格も大暴落しました。

まだまだこのような信じられない事件が当たり前のように発生する業界です。

ビットコインを長期保有すればするほど、仮想通貨に関わる期間が長くなるのでこのような事件に巻き込まれて損をする可能性が高まります。

仮想通貨に投資する際は、リスクもしっかり加味して余裕資産のみで行うようにしましょう。

 

法整備、税金面も大きな課題の一つです。

現在はまだ世界中の国で暗号資産に対する法整備が追いついておらず、今後法律による取引規制などが国単位で起こる可能性もあります。

例えばアメリカのような大国で仮想通貨の取引が禁止されたりすると、保有したいと思う人が減るのでビットコインの大暴落は明らかですよね。

また現在日本では仮想通貨で得た利益は「雑所得」として扱われ、株式投資のように税率優遇もなければ損益通算もできません。

危ない目を見てせっかく稼いでも、高い税金を納めないといけない。この辺りもしっかり理解しておかないといけません。

 

カイト
それでも「余裕資産でビットコイン投資を始めてみよう!」という方に、なるべくリスクを抑えた方法を紹介します!

 

 

ほったらかしでリスクを減らして投資する方法は?

おすすめの投資法

  1. 2023年中にビットコインを買って2024年までほったらかす
  2. 一度に買わず積み立てで買う
  3. ほったらかしている間にステーキングやレンディングを行う

なるべくリスクを抑えて稼げる可能性を上げたい方はこの方法がおすすめです!

2023年中にビットコインを買って2024年までほったらかす

今後の値動きは誰にもわかりませんが、過去の値動きから2024年5月のビットコイン半減期の後は高確率で価格が上がることが予想されます。

半減期前の2023年の間にビットコインを買っておいて、半減期後の2024年の終わりに手放せば稼げる確率は高まるでしょう。

2024年にもし価格がうなぎのぼりに上昇したとしても2025年以降はまた反動で下落すると思われるため、一度2024年中に手仕舞いしておくことをお勧めします。

ポイントは、「狼狽売りをしないこと」「短期売買を繰り返さないこと」です。

ビットコインはときに激しく値動きをします。ほったらかしている間に大きく値を下げることもあると思いますが、そこで慌てて売ったり、暴落が落ち着いたらまた買ったりしてしまうと高確率で損をしてしまいます。

 

一度に買わず積み立てて買う

現在がビットコインの安値圏なのは間違いありませんが、今後さらに値を下げる可能性も十分にあります。

もちろんなるべく安く買いたいですから、買うタイミングに悩みますよね。

そんな方にお勧めなのはビットフライヤーなどが行っている「ビットコイン積立」です。

毎日少しずつ積み立てて買っていくことでドルコスト平均法により取得単価が平均的に抑えられ、今後さらに下がったとしても市場価格に取得単価を近づけていくことができます。

ドルコスト平均法は価格が右肩上がりに上がっていく時にしか有効ではないため今後永遠に価格が下がり続けてしまった場合はもちろん損をしてしまいますが、2024年中に価格が上がると予想しているのなら、そこまでは積み立てて買っていくのが有効と言えます。

 

ほったらかしている間にステーキングやレンディングを行う

ステーキングやレンディングとは、簡単に言うと銀行の定期預金のようなもの。

あなたが持っている仮想通貨を取引所などに預けることで利子が得られるのです。

積み立てて買ったビットコインをただ持っているのはもったいないです。

お金はお金を産みます。持っているビットコインは働かせましょう。

ステーキングやレンディングを行なっている国内の暗号資産取引所はいくつもありますが、おすすめは「BitLending(ビットレンディング)」

2023年8月現在、国内最高利率の利率8%でビットコインのレンディングができます!(※利率は変動します)

長期間ほったらかしている間に利子を8%得ることができるので、ビットコインの価格下落リスクを少し埋め合わせることができます。

【Bit Lending(ビットレンディング)の評判は?】年利10%利率は怪しい?デメリット・リスクはある?

続きを見る


ステーキングをもっと詳しく知りたい人はこちら

暗号資産を本気で勉強し続けて、やっと胸を張っておすすめできる、ローリスク投資方法まとめができました!

【利回り8〜12%】仮想通貨ステーキングおすすめランキング!リスク・デメリットはある?

【利回り8〜10%】仮想通貨ステーキングおすすめランキング!リスク・デメリットはある?

続きを見る

カイト
劇的に稼ぐことはできませんが、とにかくリスクを抑えて利益を得たい人はぜひ読んでみてください!

 

わかった犬
2024年の半減期後の値上がりを見越して2023年中からコツコツ積み立ててビットコインを買う」「買ったビットコインはレンディングして利子を得る」「2024年後半に価格が上がっていたらそこで売るだな!わかったわん!

 

 

ビットコイン(Bitcoin)を購入する準備をしておこう

仮想通貨の状況はどう変わるか分かりませんが、いつでも動けるように先に口座だけ開設しておくのがおすすめです。

口座開設はもちろん無料。口座維持費も一切かかりません。

特におすすめの国内取引所口座を紹介します!

口座開設でプレゼントがもらえるところはいくつもあるので、まとめて開設して現金をゲットしちゃいましょう!

ビットフライヤー口座開設で追加で1000円ゲット!

今だけ!紹介コードでビットコイン1,500円分プレゼント!

わかった犬
国内最大手のビットフライヤーが友人紹介キャンペーン中!10分で終わる無料口座開設だけで1,500円分のビットコインプレゼント!

【招待コード】

hyvmbxam

ここから10分で1,500円ゲット!

bitFlyerに無料登録する

カイト
招待コードを入力して登録すると1,500円もらえます!詳しいやり方は下の記事を読んでね!
【2月最新!今だけ1,500円 ビットフライヤーの招待コードはここ!】bitFlyerの口座開設友達紹介キャンペーン!

続きを見る

 

BITPOINT(ビットポイント)で3000円!

現在は最大1,500円もらえるキャンペーンをやっています!
カイト

ビットポイント口座開設キャンペーン

  • 特典① 紹介コード「AGJTYRYHOH」を開設時に入力すると500円プレゼント!
  • 特典② BITPOINTアプリで1回以上取引すると1,000円プレゼント(合計1,500円!)
わかった犬
もらった仮想通貨は売って日本円にすると、いい取引の練習になるわん!

ここから10分で登録!

BITPOINT口座を無料開設!

【12/15更新!】BITPOINT(ビットポイント)の紹介コードはここ!招待キャンペーンと口座開設方法を解説!

続きを見る

 

 

ビットコイン(Bitcoin) は今が買い時? まとめ

ビットコインの買い時とほったらかしの有効性についてまとめました。

暗号資産・仮想通貨は危険で怪しい業界だとよく言われますが、しっかり情報を得た上で判断できれば利益を上げられる確率は上がります。

どのタイミングでいくら買って、どのタイミングで手放すのか。

しっかり情報を集めた上で判断したいですね。

カイト
私は既にビットコインの積み立てを始めています!今から少しずつ買っておけば2024年には高確率で利益が出せると考えているからです。

この記事がビットコインを買うかどうか悩んでいる方の参考に少しでもなれば、こんなに嬉しいことはありません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

わかった犬
またね〜

 

最後まで読んでいただいたあなたに合計約20000円分のフードデリバリー無料クーポンをご紹介しますのでよろしければぜひ利用してただ飯してください!

WoltとOniGOが超おすすめ!

カイト
まだWolt(ウォルト)を利用したことのない方は、 限定紹介コード<WAFI40>を入力すると4,000円分のクーポンがもらえますのでぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてください!

注文可能な都道府県

北海道、青森、秋田・岩手・宮城、山形・福島・新潟・埼玉・東京・神奈川・静岡・大阪・岡山・広島・香川・愛媛・徳島・福岡・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

ここからWoltアプリをダウンロード!

Wolt ウォルト:フードデリバリー/出前

Wolt無料posted withアプリーチ

PCから見ている人はこちら
カイト

カイト
まだmenuデリバリーを利用したことのない方は、 限定コード<TKDW8766>を入力すると合計2,000円分のクーポンがもらえますのでぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてください!

注文可能な都道府県

北海道、宮城、新潟、富山、石川、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、長野、岐阜、愛知、滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、香川、高知、福岡、大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄

ここからmenuアプリをダウンロード!

menu メニュー:フードデリバリー

menu メニュー:フードデリバリー

menu, Inc.無料posted withアプリーチ


わかった犬
まだオニゴーを利用したことのない方は、 当ブログ限定コードA8G23>を入力すると初回送料無料!さらに初回注文が40%割引!ぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてくださいわん!タイムセールが超お得!アプリで確認しよう!

注文可能な都道府県

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県



ここからオニゴーをダウンロード!

宅配ネットスーパーOniGO / フードデリバリー

宅配ネットスーパーOniGO / フードデリバリー

Onigo株式会社無料posted withアプリーチ

👇タップで応援お願いします!

にほんブログ村 グルメブログ 出前・宅配へ にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

-暗号資産・仮想通貨

Copyright© Kight's blog , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.