デリバリー【配達】

Uber Eats配達員の副業が会社にバレる理由5選|バレないための対策も

この記事でわかること

  • Uber Eats配達員の副業がバレる理由
  • Uber Eats配達員が副業におすすめの理由
  • フードデリバリーをするなら、以下のサービスがおすすめ

【1配達の平均が750円以上】出前館
(業界トップクラスの高報酬)

【期間内に条件達成で1万円もらえる】Wolt
(登録コード:WOLT2024)

【週単位で報酬が受け取れる】Uber Eats
(47都道府県で応募中)

\ 高報酬だから効率良く稼げる「出前館」 /

出前館 配達パートナー募集

\ 業界トップクラスの高報酬 /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

はじめに

Uber Eatsの配達員は、面接や複雑な書類を書くなどの手間なく始めることができ、気軽に稼げることから、人気の高い仕事です。

時間帯を問わず、自分の生活に合わせて働けることから、本業の傍らで副業としてUber Eatsの配達員をしている方や検討中の方も多いのではないでしょうか。

本記事では、配達員にとって気になる「Uber Eats配達員の副業は会社にバレるのか?」という疑問について、理由を含めて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、「配達報酬が低い会社で損をしたくない」「1配達当たりの収入を上げたい」という方は、1配達平均750円以上稼げる「出前館」などの会社を使ってみてください。

カイト

「1配達当たりの稼ぎが低い会社を選んで損したくない」という方には「出前館」で配達員登録して、同じ配達時間でも稼ぐ金額を多くするのがおすすめです。

ちなみに「出前館」以外にも、今なら1配達達成で1万円がもらえるWolt」、47都道府県で配達員を募集しているUber Eats」もおすすめですよ。

フードデリバリーおすすめ配達会社

\ 業界トップクラスの高報酬 /

出前館 配達パートナー募集

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達を開始できます

「短時間でもしっかり稼ぎたい」「今よりも配達の単価を上げたい!」なら、1配達平均750円以上最短1日で配達を開始できる出前館」がおすすめです。

出前館は、業界トップクラスの高報酬なので、スキマ時間でもしっかりと稼ぐことができます

「インセンティブのブーストや働くうちに拠点とのコミュニケーションが取れるようになり、今では月間100万円を稼いでいます。」という配達員への取材記事があるように、出前館は高報酬で稼ぎやすいです。

月間70万円を稼ぐ方も続々増えているので、ぜひ出前館で配達員をしてみてくださいね。

\ 1配達平均750円以上稼げる! /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

 

結論:Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の副業はバレない

結論から言うと、Uber Eatsの配達員の副業は、ほとんどバレない(バレにくい)と言えます。

その理由は、Uber Eatsの配達員は「個人事業主」として働くことになるからです。

通常のアルバイトなどの場合は、「雇用契約」を結ぶため、本業を含めると2重雇用という状態になります。

その場合、アルバイトで得た収入にかかる税金は本業とともに国から請求され、納税の観点で副業が本業側へバレやすいです。

しかし、Uber Eatsの配達員は業務委託で2重雇用にならないため、納税を本業と区別してしっかり行っていれば、ほとんどバレることはありません。

「短時間でもしっかり稼ぎたい」「今よりも配達の単価を上げたい!」なら、1配達平均750円以上最短1日で配達を開始できる出前館」がおすすめです。

出前館は、業界トップクラスの高報酬なので、スキマ時間でもしっかりと稼ぐことができます

「インセンティブのブーストや働くうちに拠点とのコミュニケーションが取れるようになり、今では月間100万円を稼いでいます。」という配達員への取材記事があるように、出前館は高報酬で稼ぎやすいです。

月間70万円を稼ぐ方も続々増えているので、ぜひ出前館で配達員をしてみてくださいね。

\ 1配達平均750円以上稼げる! /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

Uber Eats配達員の副業がバレる理由

ここでは、Uber Eatsの配達員の副業がバレる主な理由について5つ解説します。

理由①:確定申告をしていないから

Uber Eatsの配達員の副業がバレる理由の1つ目は、確定申告をしていないからです。

Uber Eatsの配達員で得た収入について、確定申告をしなかった場合は会社にバレるリスクが大きく上がります。

副業で得た収入が年に20万円を超える場合は、確定申告をしなければならないと国によって定められています。

上記に該当しているにも関わらず確定申告をしない場合、税務調査により本業の会社にも収入の確認が行われ、副業をしていることがバレることがあります。

また、確定申告の不履行については、本業の会社に副業がバレるだけではなく、「脱税」に当たるため、職を失うリスクもあります。

Uber Eatsの配達員に限らず、副業で一定の収入を得ている方は必ず確定申告を行うようにしましょう。

出典:スマホで確定申告(副業編)|国税庁

理由②:住民税を「普通徴収」にしていないから

Uber Eatsの配達員の副業がバレる理由の2つ目は、住民税を「普通徴収」にしていないからです。

通常、住民税は本業の会社から給与天引きで請求されますが、住民税は「1年間に稼いだ収入の総額」で計算されるため、Uber Eatsの配達員の副業の収入で住民税が増加します。

その場合、確定申告の際に住民税の徴収方法を「特別徴収」にしていると、会社に対して副業の収入分も含めた住民税の請求書が届くことになります。

収入が変わっていないのに住民税が増えていたら、会社からすると副業を疑わざるを得なくなります。

そのため、確定申告の際に、住民税の徴収方法を「自分で納付(普通徴収)」で選択し、個別に納付することでそのリスクを避けることができます。

出典:住民税の徴収方法の選択 - 確定申告書作成コーナー|国税庁

理由③:ふるさと納税を利用しているから

Uber Eatsの配達員の副業がバレる理由の3つ目は、ふるさと納税を利用しているからです。

ふるさと納税は、近年利用者が急増しており、今では多くの人が行っている施策となっています。

しかし、ふるさと納税を行った場合、先ほど理由②で挙げた「住民税の徴収方法を『普通徴収』にする」ということが出来なくなる場合があります。

これは、その人の収入や納税額、その他条件によって異なりますが、そういったパターンがあるのは事実です。

そのため、会社にバレずにUber Eatsの配達員をやり続けたいと考えている場合は、ふるさと納税は諦めた方が、バレるリスクを避けられるため、無難だと言えます。

理由④:同僚に副業の話をしてしまうから

Uber Eatsの配達員の副業がバレる理由の4つ目は、同僚に副業の話をしてしまうからです。

これは、単純に自分がUber Eatsの配達員をしていることが、同じ会社の同僚に密告されてしまうパターンです。

「仲の良い友達だからそんなことはない」と思うかもしれませんが、例えば同僚が同じように副業の事や、それ以外のことで会社から進退を問われている身となった場合を考えてみてください。

会社から詰められた際に、「〇〇もUber Eatsの配達員やってますよ」と密告されてしまうリスクも、ゼロとは言えないと思います。

信頼できる友人に副業のことを話すかどうかは自由ですが、少なくとも同じ会社の同僚には副業関連のことを明かすのは、できるだけ避けるべきだと言えます。

理由⑤:配達している姿を見られる可能性があるから

Uber Eatsの配達員の副業がバレる理由の5つ目は、配達している姿を見られる可能性があるからです。

これは、副業の中でもUber Eatsの配達員だからこそ生じているリスクの1つです。

Uber Eatsの配達員は、街中を自転車やバイクで動き回って受注や配達を行うことになるため、街中でUber Eatsの配達員をしている自分を見られてしまうことがあります。

配達先だけではなく、移動中や待機中などに、社内の同僚や上層部の人間に見つかってしまった場合、密告されたりするケースも少なくないでしょう。

そのため、Uber Eatsの配達員として稼働する地域は会社から遠い場所にするなどの対策は、ある程度必要となるかもしれません。

Uber Eats配達員が副業におすすめの理由

最後に、Uber Eatsの配達員が副業として人気であり、おすすめできる理由を紹介します。

理由①:好きな時間・場所で働けるから

Uber Eatsの配達員が副業におすすめできる理由の1つ目は、好きな時間・好きな場所で働けるからです。

Uber Eatsの配達員は、好きな時間に稼働を始め、好きなタイミングで注文を受け、終わりたくなったら単純に帰宅するだけで稼働を終了できます。

そのため、本業が終わった時間帯や、休日の自由な時間の中で、自分がやりたいと思った時間帯だけで収入を得ることができる点が、Uber Eatsの配達員の最大のメリットだと言えます。

ちなみに、Uber Eatsの配達員で収入を増加させるためには、食事時(昼や夜の時間帯)を狙って稼働するのがおすすめです。

また、場所についても、Uber Eatsのマップで示されているような人口・過去の注文数の多いエリアに行って注文を待つなどの工夫も良いでしょう。

理由②:他のフードデリバリーよりも報酬が高いから

Uber Eatsの配達員が副業におすすめできる理由の2つ目は、他のフードデリバリーよりも報酬が高いからです。

Uber Eats以外にも、「出前館」や「Wolt」など様々なフードデリバリーが展開されています。

Uber Eatsの配達員は、その中でも比較的報酬が高い傾向にあるため、フードデリバリーの中でもおすすめできます。

以下は、主なフードデリバリーサービスの平均時給を比較した表です。

フードデリバリーサービス名 平均時給
Uber Eats 約1,300~2,000円
出前館 約1,300~2,000円
Wolt 約1,200~1,700円
menu 約1,200~1,500円
any Carry 約1,000~1,800円
Pick Go 約1,000~2,000円

※2024年6月時点

※上記はあくまでも相場であり、エリア・時間帯などによって異なる場合あり

Uber Eatsの配達員の収入は、主に配達1件に対する単価や距離などで決定されます。

報酬額はエリアや時間帯によっても変動し、Uber Eatsの設定する最低価格なども時期によっては変わることがあるため注意しておきましょう。

ただし、上記のようにフードデリバリーの中では平均時給が比較的高く、大きなバラつきがないため、収入の見込みを計算しやすいのもメリットとなるでしょう。

理由③:運動不足の解消になるから

Uber Eatsの配達員が副業におすすめできる理由の3つ目は、運動不足の解消になるからです。

Uber Eatsの配達員は、主に自転車やバイクなどを使って行う人が多いため、単純に運動がてらという意味合いでもおすすめできます。

最近は在宅ワークなども増え、「運動したいな」と思っている方も多いかもしれませんが、Uber Eatsの配達員は運動しながら稼げるという大きなメリットがあります。

「短時間でもしっかり稼ぎたい」「今よりも配達の単価を上げたい!」なら、1配達平均750円以上最短1日で配達を開始できる出前館」がおすすめです。

出前館は、業界トップクラスの高報酬なので、スキマ時間でもしっかりと稼ぐことができます

「インセンティブのブーストや働くうちに拠点とのコミュニケーションが取れるようになり、今では月間100万円を稼いでいます。」という配達員への取材記事があるように、出前館は高報酬で稼ぎやすいです。

月間70万円を稼ぐ方も続々増えているので、ぜひ出前館で配達員をしてみてくださいね。

\ 1配達平均750円以上稼げる! /

出前館の配達員をしてみる

※応募から最短1日で配達開始できます

まとめ:Uber Eats配達員の副業でバレずに稼ごう

今回は、Uber Eats配達員の副業でバレる理由について解説しました。

会社員でUber Eats配達員の副業をしている方は、本記事を参考にして、会社にバレずにUber Eats配達員の仕事をしてみてください。

-デリバリー【配達】

Copyright© カイトのデリバリーブログ|オトクなおこづかい稼ぎ情報を発信 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.