ADDress

【全国住み放題ADDress(アドレス)の口コミ評判は?】メリットデメリットを解説!

スポンサーリンク

 

ぎもん犬
月額44000円で住み放題のADDressが気になってるんだけど実際どうなの?
メリットデメリットをまとめました!
カイト

この記事でわかること

  • ADDress(アドレス)ってどんなサービス?
  • ADDress(アドレス)の料金はいくら?
  • ADDress(アドレス)のメリットデメリットは?

 

今だけ20000円もらえる!

  1. ADDress公式HPから、メールアドレスで無料仮登録
  2. 2022年12月31日 までに申し込みフォームを提出
  3. 申し込みフォームのクーポンコード欄に私の紹介コード「 6f96450a9f 」を入力
  4. 2023年1月31日 までに契約開始(課金スタート)
  5. 20000円のAmazonギフトカードをプレゼント!(おためしプランは5000円)

※Amazonギフトコードは契約開始日の翌月末にメールにて付与されます。

 

 

ADDress(アドレス)ってどんなサービス?

ADDress(アドレス)は、月額44000円で日本全国のホテル・民宿・古民家・ゲストハウスに住み放題のサブスクサービスです。

日本全国に200以上ある提携宿泊拠点の中から好きな部屋を予約して住み放題。

しかも同伴者登録をすれば同伴者は無料で利用できます。(一部同伴者利用ができなかったり有料の拠点もあります)

旅行でも、ワーケーションでも、田舎暮らし体験でも、日本一周でも、使い方はあなた次第。

住む場所にとらわれず自分の好きなスタイルで多拠点生活を楽しむことができます。

今住んでいる家をそのままにして長期間の旅行に使っている方もいれば、今住んでいる家は引き払って特定の住所を持たず月額44000円で日本中を移動しながら住んでいる「アドレスホッパー」の方もたくさんいます。

 

カイト
私は東京の家はそのままにして、月の半分くらいを旅行に使おうと思って契約しました!

 

泊まれる拠点は日本全国47都道府県に200以上

拠点はさまざまなタイプがあります。

ホテルタイプ・民宿タイプ・古民家タイプ・ゲストハウスタイプ・キャンプ場タイプなど。

個室タイプが80%ほど。残り20%はドミトリー(相部屋)タイプです。

人気の高い「予約制限あり」の拠点と「予約制限なし」の拠点があり、それぞれに使える予約チケットが異なります。

 

ADDressは家具家電・Wi-Fi付きの物件を提供していますが、通常のホテルや旅館とは違います。

それぞれの拠点を、家守(やもり)と呼ばれる管理人と利用する会員とみんなで一緒にシェアして管理するという考え方が必要です。

充電器・歯ブラシ・タオルは基本的に自分で用意しないといけませんし、シーツ交換や簡単な掃除なども利用者が行う必要がありますので注意が必要です。

 

 

ADDress(アドレス)の料金はいくら?

ADDressには大きく三つのプランがあります。

アドレスの三つのプラン

  1. おためしプラン 月額55000円
  2. きほんのプラン 月額44000円 おすすめ
  3. たっぷりプラン 月額88000円

プランによって泊まれる拠点に違いはありません。

違いは「最低契約期間」の長さと「予約チケット」の種類・枚数です。

最低契約期間とは?

たとえばきほんのプランでは、月額課金を最低でも90日以上契約しないといけません。

つまり44000円×3=132000円は必ず支払わないといけないということです。

一ヶ月だけまずは使ってみたいという方はおためしプランがいいでしょう。おためしプランの最低契約期間は30日と短く設定されています。

 

予約チケットとは?

ADDressは月額課金すればどの拠点にも泊まり放題のサービスですが、宿泊は先着予約制となっており人気の拠点から予約が埋まっていきます。

どのプランであっても同じ拠点の同じ部屋にずっと泊まり続けることはできません。(同一拠点の予約は14日間まで)

また、予約はチケット制となっており所持しているチケット数以上に予約を取ることはできません。

所持チケット数が多いほど先の日程まで予約ができるので予定が立てやすくなります。

きほんのプランだと所持チケット数は14枚。二週間先までの予約しか取れず、その先の予約はチケットを消化次第随時予約を取っていく形となるのです。

 

プランごとの条件を比較

おためしプラン きほんのプラン たっぷりプラン
月額料金 55000円 44000円 88000円
最低契約期間 30日 90日 90日
予約チケット 14枚 14枚 31枚
内どこでもチケット(※) 3枚 7枚 14枚

※「どこでもチケット」は、人気の高い予約制限ありの拠点を予約することのできるチケットです。

3ヶ月以上利用できるのであれば、まずはきほんのプランで契約するのがおすすめです!

わかった犬
途中でプランの変更もできるわん!

 

 

ADDress(アドレス)のメリットは?

アドレスのメリット

  1. 料金が安い
  2. 拠点が多い
  3. 会員との交流もできる
  4. 予約がすごく簡単

料金が安い

家具家電・Wi-Fi付きの拠点に光熱費も込みで月額44000円で住むことができます。

しかも同伴者無料なので、家族や友人と二人で利用しても料金は変わりません!

料金プランは3つありますが泊まれる拠点のグレードに違いはなく、予約チケットの枚数と最低契約期間が違うだけで非常にわかりやすいです。

 

拠点数が多い

全国47都道府県全てに宿泊拠点があり、拠点数は200を超えています。(2022年11月時点)

古民家をリノベーションした拠点やゲストハウス・ホステルと提携した拠点など、様々な拠点が日々追加されています。

拠点内に温泉があったり、設備がすごく新しかったり、観光地が近い拠点など魅力的な拠点もどんどん増えています。

拠点数が多ければ多いほど予約が取りやすくなり旅行日程が決めやすくなります。今後ますます便利になっていきそうです。

 

会員との交流もできる

同じ拠点に宿泊しているADDress会員や家守(管理人)との交流もあります。

個室の拠点が多いですがキッチンやリビングなどは共有なので、自然と会話が生まれます。

交流の有無は拠点によって大きく異なりますが、アドレスで知り合った他の会員と一緒に食事や観光に行ったり、新しいビジネスが生まれたりすることもあるようです。

 

予約がすごく簡単

宿泊予約はWebページからいつでも簡単に行うことができます。

カレンダーから空いている日をタップして選ぶだけなので非常に直感的でわかりやすいです。

 

 

ADDress(アドレス)のデメリットは?

アドレスのデメリット

  1. 直前予約はできない
  2. 予約チケット14枚のやりくりが難しい
  3. 拠点によって状況が大きく違う
  4. 最低契約期間が90日

直前予約はできない

ADDressは「予約申請」→「家守が48時間以内に承認」→「予約完了」のシステムなので、基本的に3日前までの予約が必須です。

天候などの状況が変わったり、急にいきたいところができたりしても直前で急遽行き先を変更することができません。

キャンセルは無料でできる

予約のキャンセルは無料でいつでもできます。

ただし、三日以内の直前キャンセルが月に3回以上行われると一定期間利用停止のペナルティがあります。

 

予約チケット14枚のやりくりが難しい

おためしプラン、きほんのプランだと14枚ついてくる予約チケットのやりくりが慣れないと難しいです。

ADDressはずっと利用し続けて泊まり続けている会員もいれば、ワーケーションや長期旅行などで一時的に利用する会員もいます。

一時的に利用する会員は2、3ヶ月先の宿泊を先に予約するので、有名観光地が近い拠点や新しくオープンした拠点など人気の拠点からどんどん予約が埋まっていきます。

対してずっと利用し続けている会員はすでに直近の宿泊に予約チケットを消費してしまっているので、数ヶ月先の予約を先にとっておくことが難しいのです。

人気の拠点の予約を数ヶ月先に押さえておくと、今度は直近の宿泊に使えるチケットが少なくなってこまめに予約することが必要になり身動きが取りづらくなります。

この辺りのやりくりは利用スタイルによって大きく変わりますが、慣れるまでは苦労しそうです。

たっぷりプランでチケットは増やせる

月額料金が2倍の「たっぷりプラン」に加入すれば、予約チケットが31枚付与されるため格段に身動きが取りやすくなります。

 

拠点によって状況が大きく違う

きちんと管理されて快適な拠点と、そうでない拠点の差がかなりあります。

各ADDress拠点には家守(やもり)という名の管理人がいます。この人が物件の予約の処理や備品の管理、共用部の清掃等を行っています。

この家守が拠点に常駐していたり頻繁に顔を出すところもあればほとんど顔を出さないところもあるのです。

拠点によっては衛生面に問題があったり、予約ページで記載されていた備品がなかったりと不便を感じることもあります。

レビューを活用しよう

ADDressでは全ての拠点に利用した会員の口コミレビューが記載されていますので、予約前に必ず目を通しておくとこういった拠点を避けることができます。

また、自分がイマイチな拠点に当たってしまったら口コミレビューに投稿しておきましょう。他会員の参考になるだけでなくADDress運営によって改善されることもあります。

 

最低契約期間が90日間

きほんのプランの最低契約期間は90日間。つまり最低でも44000円の3ヶ月分、132000円が必要になります。

会社員を辞めてこれからはアドレスで暮らす!という方には90日間縛りは全く問題になりませんが、例えば会社員を続けながら長期休暇でADDressを利用する方などにとっては最低でも90日間利用しないといけないのはハードルが高いです。

こういった場合は少しコスパは悪くなりますが「おためしプラン(最低契約期間30日)」に加入するといいでしょう。

 

 

ADDress(アドレス)の口コミ・評判 まとめ

ADDressの口コミ評判・メリットデメリットをまとめました。

いろいろな人の感想を聞きましたが全体的に満足度は高く、非常にいいサービスでこれからも利用したいと考えている会員の方が多かったです。

2019年に始まったばかりのサービスですので、今後もさらに使いやすく改善されていくでしょう。

今だけ特別お得に始められるキャンペーンを行なっていますので、気になる方はぜひ利用してみてください!

今だけ20000円もらえる!

  1. ADDress公式HPから、メールアドレスで無料仮登録
  2. 2022年12月31日 までに申し込みフォームを提出
  3. 申し込みフォームのクーポンコード欄に私の紹介コード「 6f96450a9f 」を入力
  4. 2023年1月31日 までに契約開始(課金スタート)
  5. 20000円のAmazonギフトカードをプレゼント!(おためしプランは5000円)

※Amazonギフトコードは契約開始日の翌月末にメールにて付与されます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

わかった犬
またね〜

 

最後まで読んでくれたあなたに総額20000円分のデリバリークーポンをご紹介しますので、ぜひ使ってただ飯してください!

👇タップで応援お願いします

にほんブログ村 グルメブログ 出前・宅配へ にほんブログ村

Wolt、menu、オニゴーの注文クーポン!

カイト
まだWolt(ウォルト)を利用したことのない方は、 私の紹介コード<XQHUA65>を入力すると1800円分のクーポンがもらえますのでぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてください!

注文可能な都道府県

北海道、青森、秋田・岩手・宮城、山形・福島・新潟・埼玉・東京・神奈川・静岡・大阪・岡山・広島・香川・愛媛・徳島・福岡・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄

ここからWoltアプリをダウンロード!

Wolt ウォルト:フードデリバリー/食料品や日用品も

Wolt ウォルト:フードデリバリー/食料品や日用品も

Wolt無料posted withアプリーチ


カイト
まだmenuデリバリーを利用したことのない方は、 限定コード<ATFL2224>を入力すると合計2400円分のクーポンがもらえますのでぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてください!なんとファミリーマートも店頭価格で注文できます!

注文可能な都道府県

北海道、宮城、新潟、富山、石川、群馬、栃木、茨城、埼玉、千葉、東京、神奈川、静岡、長野、岐阜、愛知、滋賀、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、香川、高知、福岡、大分、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄

ここからmenuアプリをダウンロード!

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu(メニュー)-フードデリバリー

menu, Inc.無料posted withアプリーチ


わかった犬
まだオニゴーを利用したことのない方は、 期間限定コード<a8b22>を入力すると初回送料無料!さらに最大10000円割引!ぜひ以下から注文アプリをDLして使ってみてくださいわん!タイムセールが超お得!アプリで確認しよう!

注文可能な都道府県

東京都・千葉県

ここからオニゴーをダウンロード!

OniGOをみてみる

PVアクセスランキング にほんブログ村

スポンサーリンク

-ADDress

Copyright© Kight's blog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.